Skip to content

お祝いに、お洒落にワインギフトはいかがでしょう

人生の中ででお祝いの品を贈るという事は、一体どれくらいあるでしょうか。友人同士で送りあう誕生日などのプチギフトから、贈る側までもがハッピーな気分になれる出産祝や結婚祝いまで、意外とその回数は多いと思います。ギフトの品はそのお祝いの内容にもよりますが、お酒を贈るという人も結構いると思います。お酒好きな人であれば、普段自宅で飲むには価格的に少し高いかなというような種類の物をもらええるのは、かなり嬉しいのではないでしょうか。最近では記念に名前や文字を入れてくれたりする物もあります。例えば父の日などに、お父さんいつもありかとう等の簡単なメッセージだけでも、ただ貰うだけよりか喜びは大きくなると思います。お酒の中でも、ワインなどは少しお洒落な感じもして素敵だと思います。記念日の年の物をワインギフトにして貰えるのは、例え飲まなくても嬉しいものだと思います。日本酒や焼酎もお酒好きにはたまりませんが、ギフトと呼ぶにはワインが最適ではないでしょうか。

今年はワインギフトを利用しました

毎年、お世話になった人に何か贈り物をしているのですが、毎回、何を贈ればいいのか迷うんですよね。美味しい食べ物を探して贈ることもありますし、流行のものを贈る事もあるのですが、今年はワインギフトを贈る事にしたんです。私の知り合いは皆さんお酒が好きで、ワインも大好物という人ばかりなので、この選択は良かったと思っています。(感想を聞いたわけではないのですけどね。自己満足かもしれませんが)私もワインは好きなのですが、やっぱりいただくととっても嬉しいんですよね。いただいたワインに合わせて、おつまを買いに行くのもまた楽しいんです。ぜひ私が贈ったワインがきっかで、皆さんにも楽しい時間を過ごしてもらうことができたらいいなと思います。最近はインターネットなんかで珍しい品種の物を購入することもできるので、選んでいるこちらも結構楽しいんですよね。

ワインギフトを贈った時の事

私は友人の結婚式のお祝いにワインギフトを送った事があります。それは、友人の好きそうなワインを選びました。そのラベルには、オリジナルのメッセージやイラストなどを自由に入れる事が出来るのです。もちろん、定型の文章やサンプルもたくさん用意されていたので、どんなラベルにするのか決めきれない時は、その中から選択すればよいのです。私たちは、ワインと一緒にペアのグラスがセットになっているギフトを選びました。メッセージには結婚おめでとうというメッセージと、新郎と新婦の名前を入れてもらうことにしました。これらのワインギフトの手配は、すべてインターネットで申し込みました。数名の友人と連名でのプレゼントでしたが、友人たちともメールのやり取りのみで済みましたので、簡単に手配が出来て良かったです。何より、ギフトを贈った友人も喜んでくれたのが、嬉しかったです。